(USG-04の Reportable Quantities (報告すべき量) について説明して下さい)

Q.
もし荷送人がRQの文字を容器と申告書に書くのを怠った時、どうなりますか? フォワーダーもしくは航空会社は受託を拒否しますか? (2010.10.29)

A.
アメリカ政府例外規定USG-04にハッキリと規定されているように、49CFR 172.101に示されている危険物をそのリストに示されている量以上アメリカへ、アメリカから、アメリカを経由して輸送する場合、RQの文字をPSNの前か後ろに容器の外表面と申告書に書かなければなりません。書かないで貨物を輸送した場合は、アメリカ49CFRの違反となり、罰金の他、法的制裁を受ける事があります。フォワーダーと航空会社は、別のアメリカ政府例外規定USG-13 (a) で荷送人が49CFRを遵守しているかどうかチェックしなければならないと義務を課しているので、見過ごした場合、フォワーダー (indirect carrier) も航空会社 (direct carrier) も法的制裁を受けることになります。

アメリカ向け、アメリカ出し、アメリカ経由の貨物に係わる事のある荷送人、フォワーダー、航空会社は必ず、49CFR 172.101のRQ Listの最新版を持っている必要があります。RQ LISTは下記の方法で、アメリカ運輸省のホームページからダウンロード出来ます。



先ず、次のアメリカ運輸省のホームページにアクセスして下さい。

http://hazmat.dot.gov/regs/intl/icaovar.htm

アメリカ運輸省 (DOT) のホームページが出ます。RQ LISTと入力して、クリックして下さい。



そうしますと、次のページに出ます。

172.101 App. A to 172.101 - List of Hazardous Substances and Reportable Quantities

これをクリックすると、66ページに渡るRQ LIST にアクセスする事が出来ます。また、そのまま、ダウンロードする事も出来ます。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.