(2011年3月31日まで旧包装基準の危険物貨物を出せるとの事ですが、申告書の書き方と日付の付け方を教えて下さい。)

Q.
2010年12月31日以前に旧第51版の包装基準で準備した貨物を2011年3月31日まで出荷してよいとなっていますが、少量危険物の場合、申告書のAuthorization欄にLTD QTYの文言を書き込むのですか? 外装容器にLTD QTYと新しいダイヤモンドにYの文字のマークの両方を入れるのですか? (2011.1.31)

A.
危険物の輸送は信頼を基礎に成り立っています。2010年12月31日以前に旧包装基準で準備が終っている貨物ならば、特別に移行期間を設けられていて、2011年3月31日まで出荷しても差し支えない事になっています。2011年に入ってから準備する貨物は第52版の新包装基準を使用しなければなりません。申告書は実際に申告書を作成した日付を記載します。従って、貨物は12月31日以前に準備されていても、申告書は2011年1月1日から3月31日までの日付で作成されます。

旧包装基準が使われている場合は、申告書の包装基準欄には第51版の包装基準番号を記入します。少量危険物の場合は、Authorization欄にLTD QTYの文言を書き込まなければなりません。少量危険物の外装容器にはLTD QTYの文字が印刷、刻印、スタンプ、もしくは書かれていなければなりません。新しいダイヤモンドにYの文字のマークは表示してはなりません。ダイヤモンドにYの文字のマークは第52版を使用した少量危険物貨物のマークです。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ