(密閉型のオーバーパックの中に少量危険物が入っています。新しいダイヤモンドにYの文字の少量危険物のマークをオーバーパックの表面に再現しなければいけませんか?)

Q.
密閉式オーバーパックに少量危険物を収納する場合、ダイヤモンドにYの文字のマークをオーバーパック外表面に再表示する必要がありますか? (2011.1.31)

A.
国連の規格マークを表す「丸にUN」の文字で始まる国連の容器規格マークと、51版で認められていた「LTD QTYの文字」の少量危険物容器規格マークは、共に容器の規格マークで、密閉型オーバーパックでこれらの容器規格マークが目視出来なくなった場合には、OVERPACKの文言をオーバーパック外表面に付すことにより、中に収納されている個々の容器は規格どおりのものであると立証するようになっていました。

52版から国連が新たにダイヤモンドにYの文字を入れたマークを採用したので、ダイヤモンド型のマークがLTD QTYの文言に代わる少量危険物の容器規格マークになります。DGR 7.1.4.1の後段に規定されているように、容器規格マークは再表示してはいけません。代わりにOVERPACKの文言を表示して、中に収納されている容器はすべて規格容器であることを証します。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ