( アメリカ政府例外規定USG-13 (d) で規定している危険物の搭載制限に用いられているCOMPARTMENT (貨物室) の定義を教えてください。)

Q.
アメリカ政府例外規定USG-13 (d) 並びに付随している表USG-13.A, -13.B, -13.Cに述べられているCOMPARTMENT (貨物室) の解釈を教えてください。 (2011.8.31)

A.
アメリカ政府のCOMPARTMENT (貨物室) の解釈は、天井、壁、床で仕切られている航空機内の区画と言う解釈で、通常、広胴型航空機の下部にはFWD COMPARTMENTとAFT COMPARTMENTの2つの区切られた貨物室があると言う解釈です。

IATAのAirport Handling ManualでHOLDと呼ばれている天井、壁、床で仕切られた区画と同意語で、IATAでは COMPARTMENTとはHOLDの中に別けられている細分化された区域の意味になっています。

従って、IATAでは広胴型航空機にはFWD HOLDとAFT HOLDがあり、FWD HOLDにはFWD 1 COMPARTMENTとFWD 2 COMPARTMENTがあり、AFT HOLDにはAFT 3 COMPARTMENT, AFT 4 COMPARTMENTとBULK COMPARTMENTがある事になっています。アメリカ政府の呼称とは異なりますので、注意してください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ