(病原菌を同梱しても良いでしょうか?)

Q.
PI 620を採用して、人と動物の双方に感染するUN 2814と、動物のみに感染するUN2900をAll packed in one (同梱) しても良いでしょうか? また、カテゴリーAに属さないUN 3373も同梱して良いでしょうか?  (2011.5.31)

A.
UN 2814とUN2900は共に不治の病を引き起こす病原体ですから、PI 620に同梱しても差し支えありませんが、病理学研究所や病院が荷送人もしくは荷受人になるこれらの貨物の場合、相互感染を恐れ、常識的に病理学的な安全性を確保するため、同梱をせずに別々の外装容器に収納して、輸送物を複数個にして輸送に供するか、またはオーバーパック状態で輸送に供すると思われます。

UN 3373は包装基準がPI 650と異なっていますし、申告書が不要な貨物なので同梱にはなりません。同じ運送状を使用し、別の外装容疑に収納して輸送することは差し支えありません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ