(付録のDに監督官庁が無い国があります。危険物は輸送できないのでしょうか?)

Q.
付録のDに監督官庁有無の欄が空欄のところがあります。何故ですか? また、そのような国には危険物を輸送してはいけないのでしょうか? (2011.6.30)

A.
単純に考えれば、その国に危険物や放射性物質についての専門の監督官庁が無いと言うことです。輸出入が出来ないわけではありません。

危険物や放射性物質は日常の社会生活に不可避・不可欠なものが数多くあります。自動車のガソリン、携帯電話機、医療用の放射性物質など必要不可欠です。

もう一つ考えられるのは、その国の担当者の怠慢で情報をIATAに通知していないのです。通知が無ければ、改訂されずに前の版の情報がそのままコピーされます。最新の情報はその国の大使館、公使館、領事館に商務担当官 (Commercial Attache) がおりますから、コマーシャル・アタッシェに問い合わせて最新情報を取得することです。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ