(貨物はガス状のものですが、天地無用の表示は必要でしょうか?)

Q.
区分2.2の非引火性・非毒性ガスの場合、天地無用のラベルを貼るべきでしょうか? また固体の貨物に天地無用のラベルを貼ってしまったことにより、航空会社で貨物が止まったり、トラブルが起きることはありますか? 軟膏状態のUN 1987 Adhesiveは如何でしょうか? (2011.6.30)

A.
天地無用のラベル(マーク)は7.2.4.4に書いてあるとおり、液体の危険物を組み合わせ容器に収納した場合に表示します。従って、固体、ガス体、並びに液体でもドラム缶のような単一容器に入っているものには貼る必要はありません。

付けてはいけないと書いてありませんから、固体、ガス体、液体で単一容器に入っているものに矢印マークを付けても剥がせと言う航空会社は居ません。実生活では何にでも天地無用の矢印マークが付いています。引火性の液体のみならず、組み合わせ容器に液体が入っていれば、天地無用のマークを付けないで出荷すれば、「マーク不備」で拒否されます。

例外は4点あります。7.2.4.4に黒丸4個ありますから注意してください。固体やガス体の貨物やドラム缶に矢印ラベルが付いているからと言ってトラブルになり、断られるケースは考えられません。UN 1987 Adhesiveは青いページでリットル表示なので、軟膏状態でも矢印マークを付けてください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ