(CAOラベル貨物のオーバーパックの搭載について)

Q.
CAO貨物のオーバーパックで、例えば4個のドラムを正方形にスキッドの上に乗せたとします。これを航空機用のパレットにスキッドの乗ったまま積みつけた場合、内側になってしまったCAOドラム2個は貨物専用機の通路から見えません。スキッドで受託する場合は、DGR 5.0.1.5.3 (b)で全方向から目視でき、且つ、容易に取り出せるので受託できますが、積み込みの際、DGR 9.3.4の規定によりCAOのラベルも危険性のラベルもすべて見えなければならないとなっています。受託を断るべきなのでしょうか? (2004.4.2)

A.
断るべきです。スキッドにCAOドラムを4本一列に並べてもらうか、バラで搬入して貰って下さい。申告書も後者の場合は、オーバーパック表示ではなくなります。正方形に並べた4本のCAOドラムはそのままでは搭載できません。オーバーパックを崩すと申告書との整合性が失われます。申告書の作り直しが必要となります。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.