(OVERPACK外装面の記載について)

Q.
OVERPACKした場合のOVERPACK外装に何を記載するか教えて下さい。 (2010.1.31)

A.
外から中の包装物のマーキングやラベルが目視できる場合は何も追加の記載をしなくてもよいが、外から中に入っている個々の包装物が見えない場合には、次の事項をOVERPACKの上に記載しなければなりません。〔DGR 7.1.4.1と10.7.1.4〕

1) OVERPACKと言う文字 (これはオーバーパックの中に収納されている包装物が国連規格もしくは少量危険物規格もしくは微量危険物規格に適合した容器であると言う意味の言葉である。)

2) DGR 7.1.5.1もしくは10.7.1.3で要求されている荷送人、荷受人の住所・名称、収納されている危険物のPSN、UNナンバー、必要であれば数量、その他に書かれてある事項、すべてのラベル

3) 収納されている包装物に書かれている取り扱いに係わるすべての注意書きなど

また、OVERPACKが複数個になった場合は、それぞれのOVERPACKに識別符号 (アルファベットもしくは数字の混合体もしくは単体) を付けること。危険物申告書にも当該識別符号を明記すること。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.