(第62版のリチウム電池マークの最低寸法についての質問です。)

Q.
御社のホームページに、第62版IATA危険物規則書 (2021年) の主な変更点の一つとして、7.1.5.5.3 Lithium Battery Mark (リチウム電池マーク) は四角形もしくは矩形でなければならない。寸法は幅100mm X 高さ100m、縮小版は幅100mm X 高さ70mm。紅白の縁取り 幅5mmに関して教えてください。

弊社は 2020年版規則書記載の幅120mm X 高さ110mmでシールを作成し、在庫を抱えています。幅120mm X 高さ110mmのシールは2021年1月1日以降は使えないのでしょうか。幅120mm X 高さ110mmのシールの使用期限を教えてください。 (2020.11.30)

A.
IATA危険物規則書の内容は国連の危険物輸送専門家委員会の決定事項を網羅しているため、新版の規定は1月1日出荷分から遵守しなければなりません。

しかし、第62版のIATA 危険物規則書の7.1.5.5 Lithium Batteriesの項には Note (注釈) があります。

“Note: The mark illustrated in Figure 7.1.C of the 61st Edition of these Regulations with minimum dimensions of 120 mm X 110 mm may continue to be used.”
“注釈:本規則書の第61版に図7.1.Cとして挿絵を表示してある最低寸法120 mm X 110 mmのマークは引き続いて使用して差し支えない。”

と、以上のように引き続いて在庫がなくなるまで、使用を続けて構いません。その後は新しい寸法のマークをお使いください。航空会社によってはマークの大きさが違うと申し出があった場合には、危険物規則書の7.1.5.5 項のNoteを指摘してください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.