(航空輸送で使用されるデータ記録装置 (Data Logger) や 貨物追跡装置 (Cargo Tracing Device) の規定の緩和。)

Q.
2021年から、貨物輸送に使用されているData Logger (データ記録装置) や Cargo Tracing Device (貨物追跡装置) の規定が緩和されると聞きました。詳細を教えてください。 (2020.10.31)

A.
残念ながら、緩和提案は廃案になりました。2021年の危険物規則書 第62版より、リチウム電池を装備したデータ記録装置や貨物追跡装置を輸送物、オーバーパック並びに ULD に取り付けて使用する場合、特定の条件を満たせば、規則書の如何なる規定も適用にならないと言う案を ICAO Dangerous Goods Panel (ICAO 危険物パネル) が提案したのですが、ICAO Air Navigation Commission (ICAO航空飛行委員会) の支持が受けられず、廃案になりました。案が再討議されるかどうかは分かりません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.