(アメリカ向けの危険物のRQ制度の質問です。)

Q.
USA向けに海上輸出危険品積載申請を行なったところ、船社より、当該危険品がRQ対象品目かどうか、と言う問い合わせを受けました。この問い合わせに対し、49CFRの規定をもとにどのように回答すべきかご教示頂けないでしょうか。危険品は UN1315 XYLENE Class 4.1, PG IIです。 (2020.10.31)

A.
アメリカ合衆国へ危険物を輸送するには、アメリカ合衆国法規49CFRに記載されているRQ制度があります。一定の量以上の輸送には Reportable Quantity (報告を要する数量) 制度があり、指定されたRQ量以上の量を輸送する場合は、RQの文字を危険物申告書や輸送物の表面の正式輸送品目名に隣接して記載しなければなりません。アメリカ政府例外規定 USG-04に書かれています。

アメリカ政府規則49CFR 172.101のAppendix A の Table 1の表で調べますとXyleneは100 lbs. (45.4kg) あればRQ (Reportable Quantity) になり、危険物申告書並びに包装物の表面にRQの2文字を正式品目名に隣接して記載しなければなりません。ところが、貴方の仰るUN1325はClass 4.1のXyleneではなく、海上貨物輸送のIMDGを引いても、航空貨物輸送のIATA DGRを引いても、Class 3のFlammable liquid, organic, n.o.s.なのです。Xyleneを調べると,海上のIMDGでも、航空のIATA DGRでも、UN1307 Xylenes Class 3 PG IIもしくはPG IIIです。Class 4.1ではありません。輸送する危険物は一体何なのですか?よく調べてください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.