(リチウム電池の包装基準の中にSECTION I、SECTION IIの文字がありますが、SECTION 1、SECTION 2とアラビア数字(算用数字)を使用しても良いですか?)

Q.
リチウム電池の包装基準の中にSECTION I、SECTION IIの文字がありますが、SECTION 1、SECTION 2とアラビア数字(算用数字)を使用しても良いですか? (2010.2.28)

A.
使用してはなりません。ICAO/IATAの国際規則ではローマ数字を使用すると定まっています。包装等級のPG I、PG II、PG IIIも同様です。また、放射性物質の第I類-白、第II類-黄色、第III類-黄色も同じです。 日本国の航空法ではPI965からPI970はSection I、Section II形式で書かれていません。日本国の航空法で包装等級に1, 2, 3の算用数字が使われていますが、日本国内のみの法規で国際的にはI, II, IIIを使用しなければいけません。放射性物質については和数字とローマ数字が共存していますが、国際的にはローマ数字を使用します。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.