(UN3506 水銀を含んだランプについての質問です。)

Q.
UN3506の水銀を含んだランプ (水銀の含有量は 0.02g/本) を、DGR 1.2.11の要件を満たした包装状態で輸送するときに、AWBに “Not restricted per DGR 1.2.11”等の記載は必要ですか? UN3506の水銀を含んだランプに含まれている水銀は、ランプの中で原子状になっています。このような場合、危険物が液体の時に要求される内部圧力試験 (DGR 6.3.5) 及び、気密試験 (DGR 6.3.4) は実施不要と考えて良いでしょうか? また、DGR 1.2.11 の要件を満たし、IATA規則の適用を受けない状態で輸送する場合、試験レポート等は不要と考えて良いでしょうか? (2020.6.30)

A.
先ず、AWBには “Not restricted per DGR 1.2.11” と記入してください。また、危険物が液体でない場合、内部圧力試験や気密試験は不要です。そして、最後に、IATA規則の適用を受けない状態で輸送する場合、試験レポート等は不要です。参考資料を提示して欲しいと言う連絡があったら、応じてください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.