(Table 10.5.C – 放射性物質のカテゴリーの決定方法について。)

Q.
放射性物質の貨物のカテゴリーの決め方で質問があります。
Table 10.5.C の第2欄を無視して、第1欄の輸送指数のみでカテゴリー分けをしても構いませんか?  (2020.5.31)

A.
Table 10.5.C の中央欄を無視してはなりません。中央欄には輸送物の外表 面ピタリのところで計測した放射線量を記録します。外表面ピタリのところの線量は外表面から1メートルのところで測った TI (第一欄の数値) より理論的に高いはずです。

例を挙げてみましょう。TI 0.5 と計測した包装物があります。このままではカテゴリーは II-Yellow になってしまいます。中央欄の計測をしてみますと、包装物の外表面ピタリのところで測った放射線量は0.7mSv/hありました。III-Yellow の数値です。アルファ線は空気中で2 から3センチ程度しか飛びません。従って、1メートル先で測ったTIには反映しなかったのです。この貨物のカテゴリーは III-Yellow (第III類-黄色)です。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.