(何故、動物の3文字コードが AVIなのですか?)

Q.
動物の輸送には IATA Live Animals Regulation (IATA 動物規則書) が規則を定めています。何故、3文字コードが AVI なのですか? LIV とか LVAの方がよかったのではありませんか? (2019.9.30)

A.
航空輸送の初期はフランスが航空大国でした。1929年のワルソー条約も原文はフランス語で書かれています。アメリカが航空大国になるのは第二次世界大戦の頃からです。1944年のシカゴ条約は英語で原文が書かれます。初期の航空用語はフランス語でした。AVIはその航空大国だったフランスの栄光を語る名残りの証拠です。「動物」のフランス語は Animaux (複数形)、「生きている」は Vivants (複数形) で Animaux Vivants (アニモー・ヴィバン) で「生きている動物」になり、頭文字をとってAVIになりました。AVIの永久存続を主張し、エアバス機に力を入れているのは、フランスが栄光を取り戻したいのです。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.