(1包装物の限度量についての質問です。)

Q.
自動車用部品のエアバッグモジユールを672個 (1個当たり1kg) を航空輸送します。UN3268 に対して、旅客機での輸送制限:許容質量・容積:25kg、旅客機以外の航空機での輸送制限:許容質量・容量:100kgと言う制限が開示されています。この許容質量・容量と言うのは、航空機への搭載できる MAX 質量と言う認識でよいのでしょうか? それとも1貨物に対しての質量と言うことでしょうか? ご教示ください。 (2019.7.31)

A.
UN3268 Safety device の航空輸送には包装基準 Packing Instruction 961号の規格要件を満足させなければなりません。旅客機を利用して空輸する場合は、1個の包装物の中のSafety deviceの正味重量は25kgまで、貨物専用機を利用しての空輸では1個の包装物の中のSafety deviceの正味重量は100kgを限度とすると言う意味です。

総量672個 (672kg) を輸送するのですから、仕向地にもよりますが、その路線を貨物専用機が飛んでいれば総個数 7個で672個を送ることが出来ます。貨物専用機が就航していなければ、旅客機を使用して27個の包装物で輸送可能です。

航空機にどのくらいの重量が塔載出来るかは。航空機の種類や大きさによって決まります。規則書の正味重量、もしくは正味容量は1個の包装物に収納できる限度量で、航空機に積める限度ではありません。

危険物規則書のセミナーを受講し、基礎知識を得られることをお勧めします。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.