(リチウム電池貨物に必要な Test Summary に関する質問です。)

Q.
第60版の危険物規則書で新設された DGR 3.9.2.6.1 (g) に関する質問です。
 
“(g) 2003年6月1日以降に生産されたセル及びバッテリーの製造業者並びに下流の販売業者は国連の試験と基準のマニュアル、Part III, sub-section 38.3, paragraph 38.3.5 に規定してある Test Summary (試験の大要) を提出しなければならない。この Test Summary は 2020年1月1日以降確実に提出できなければならない。” と書かれています。 製造業者として、Test Summary の公開を弊社のウェブを介して実施する考えでいますが、宜しいでしょうか? (2019.4.30)

A.
私共のホームページの “テスト・サマリーを含む 2019年リチウム電池のガイダンス 第1改訂版 (2018.12.12)” [2019 Lithium Battery Guidance including Test Summary, Revision 1 (Dec.12, 2018)] を開いてください。そのガイダンスの Page 4の下部に 2020年1月1日より必須となる Test Summaryに関する規則が掲載されています。

“Lithium Battery Test Summary – 2020年1月1日より製造業者や下流の販売業者は2003年6月30日以降に製造されたセル、バッテリー、または、セルやバッテリーで作動する機器に関して、UN Manual of Tests and Criteria, Revision and Amend. 1, Part III, sub-section 38.3, paragraph 38.3.5 に規定されている Test Summaryを提出できなければならない。” とあります。また、続けて Noteとして、次のように書かれています。

”Note: この要請は製造業者並びに下流の販売業者にTest Summary の提出を義務付けているものである。例えば、会社のウエブサイトに必要なテスト・サマリーを掲示するとか、色々な提示方法がある。荷送人や販売業者がリチウム電池を含む貨物に一件、一件、紙媒体によるテスト・サマリーを提出されるとは期待していない。サプライ・チェーンに携わる方々はテクノロジーを生かして、是非 Test Summary の提出を容易にするよう力を添えてほしい。” となっています。ガイダンスのPage 5 にTest Summaryの必須項目が10項目表示されています。
更に、Page 21 からの Part 4にTest Summaryに関する質疑応答が A.からJ. まで10問あり、Test Summaryの見本がPage 23以降 3点表示されています。

色々と工夫して、紙媒体による提出の方法のほかに、ウエブサイトでの掲示など、なるべく簡便に、10項目の情報の伝達を行なってください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.