(区分4.3のPGの決め方)

Q.
区分4.3のPGの決め方 DGR 3.4.3.4には、1時間で物質1kgから1L以上の引火性ガスを発散したら、その物質はPG IIIに割り当てられると書いてあります。もし、物質が1時間に0.9Lしか引火性ガスを発散しなかったら、非危険物となりますか? 1時間かからないうちに1Lの引火性ガスを出したらPGはどうなりますか? (2010.2.28)

A.
区分4.3の物質で、常温で水に対してユックリと反応し、物質1kgに対して1時間で最大1Lの引火性ガスを発散し、PG IもしくはP`G IIの基準を満たさない場合はPG IIIを割り当てます。 もし物質が1時間に0.9Lしか引火性ガスを発散しなかった場合は、当然、非危険物となります。しかし、1時間未満で1Lの引火性ガスを発散した場合は、PG IIIに割り当てる前に、1時間経過時に何リットルの引火性ガスを出すか検証する必要があります。1時間経過で20Lの引火性ガスを出している場合はPG IIに該当します。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.