(UN 3164 の申告量は「総重量」でしょうか、ガスの「正味量」ですか?)

Q.
UN 3164 Articles, pressurized, pneumatic を危険物として申告するときは「総重量」でしょうか、含まれているガスの「正味量」でしょうか、ご教授ください。特別規定 SP A114 で大半の水圧またはガスで動くシリンダーが非危険物としてハンドリング出来ますが、もし危険物として申告する場合は、ガスの正味量を調べて申告する必要があるのか、それとも、総重量で申告するのか、IATA DGRを調べても分かりませんでした。教えてください。 (2018.12.28)

A.
UN3164 Articles, pressurized, pneumatic 区分2.2の輸送の際の重量申告は「総重量」です。特別規定A114で「緩衝装置 (shock absorbers) として機能するガスを含む物件、及び、衝撃エネルギー吸収装置 (impact energy absorbing devices)、または、空気バネ (pneumatic springs) は (a) から (e) の条件を満たせば、本規則の適用を受けない」とあります。SP A114に当てはまらず、危険物として輸送する場合は、物件の「総重量」で申告してください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.