(UN 1950 Aerosol, non-flammable Div. 2.2 に該当する SP A98についての質問です。)

Q.
UN 1950 Aerosol, non-flammable Div. 2.2 に適用される特別規定 A98についての質問です。SP A98 の前半は以下のように規定されています。

Aerosols, gas cartridges and receptacles, small, containing gas with a capacity not exceeding 50 mL, containing no constituents subject to these regulations other than a Division 2.2 gas, are not subject to these regulations when carried as cargo unless their release could cause extreme annoyance or discomfort to crew members so as to prevent the correct performance duties.

区分2.2の非引火性のガス以外に本規則の適用を受けるような構成物質(constituents)が含まれていなければ、50mL以下の該当容器のものは「非該当」とすることです。
この場合のconstituentsをどのように解釈するかご教授ください。50mL以下のエアゾール・タイプのミスト商品ガスは窒素ガス又は炭酸ガス (Division 2.2 該当)その他のconstituentsとして、非引火性の液体 (引火点は検出できない)、この液体は Class 3以外の危険性もない「非該当品」で、この液体には引火性に寄与しない少量のエタノールを含む。
この場合、その他のconstituentsは本規則の適用を受けないので SP A98が適用できると言う解釈で宜しいでしょうか? それとも、その他のconstituentsの中にエタノールが含まれているので SP A98は適用できないと言う判断になりますか?ご教授ください。 (2018.11.30)

A.
特別規定 SP A98の解釈については “区分2.2のガス以外の本規則書の条件に該当する他の構成物質が含まれていなければ” not restricted 扱いになるのですから、「引火性の検出が出来ない非引火性の液体」や「危険物に該当しない物質」、「液体で引火性に寄与しないごく少量のエタノールがふくまれているもの」が含まれていても、SP A98の適用を受けられます。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.