(火薬類の危険物申告書の作成に関する質問です。)

Q.
最近、火薬類の出荷があり,下記のように申告書を作成しました。
UN0301 Ammunition, tear producing, 1.4G (6.1, 8)
48 fibreboard box X 12 kg (NEQ 0.08 kg/box)
130
Overpack used X 4, #1 ~ #4
Total Net Quantity per Overpack 576 kg

航空会社は、オーバーパックの総正味数量を申告するのと同様に、火薬類のNEQの総量も申告しなければいけないと言います。
DGR 8.1.6.9.2 (i) には「包装物」単位のNEQ 数値を申告すれば良いと記されています。オーバーパックのNEQは要求されていません。ご教示ください
 (2018.7.31)

A.
DGRでは NEQの数値は「包装物」ごとに申告すれば良いとなっています。しかし、オーバーパックのNEQの数値を記載する事に誤りはありません。返って、良いことだと思います。オーバーパックにマーキングを施す趣旨は、オーバーパックの中に収納されている個々の包装物に記されているマークをすべてオーバーパックの外面に示すと言う意図があります。もし、航空会社がオーバーパックにNEQ値を記せと言うのであれば、断るよりも、従うべきと思います。DGR 1.2.4 Scope (i) に航空会社は規則書で求められている以上の要請を行なっても良いとあります。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.