(エアコンのコンプレッサーの出荷に使用する正式輸送品目名の質問です。)

Q.
エアコンのコンプレッサーでUN 3252 の引火性R32ガスを内蔵するユニットを出荷します。エアコンは冷凍機械になりますので、UN 3358 Refrigerating Machinesに該当し航空輸送禁止となっています。但し、SP A103により引火性ガスが100 g以下であれば、危険物規則書の制約は受けないとあります。エアコンのコンプレッサーに内蔵されていないで、通常のシリンダーに収納されているR32ガスであれば、UN 3252を適用、包装はPI 200で、CAO機ならば輸送出来ます。解釈は正しいでしょうか?  (2018.3.31)

A.
正しい解釈です。UN 3252 Refrigerant Gas R32 Div. 2.1を通常のシリンダーで輸送するのであれば、包装はPI 200が適用になり、CAO機ならば航空輸送が可能です。しかし、エアコンのコンプレッサーに組み込まれている場合は、UN 3358 Refrigerating Machines が適用になり、SP A103の 100 g 以下と言う数量制限を満たさないかぎり、航空輸送は禁止になっています。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.