(ページ番号をPage 2 of Page 1と間違えて記入したら受託を拒否されました。)

Q.
D航空会社がPage 2 of Page 1と間違って記入した申告書を拒否しました。そして、訂正したら、DGD のサインとまったく同一のサインで訂正するようにと言われました。何故ですか?  (2011.7.31)

A.
DGR 8.1.2.6.1と 8.1.5.1に規定されているように、訂正のサインの不用のものはAWBナンバー、発地空港名と着地空港名だけです。

他の個所の間違いは受託拒否の対象になります。2 of 1と書いた所を、単線でも二重線でも、XXXXXXXでも差し支えありませんから、消して、直ぐ上か、直ぐ下に1 of 2と訂正記入し、右下隅のサインとまったく同じサインをしなければ訂正になりません。イニシヤルや訂正印ではいけません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ