(DGR 6.0.4.0.3 が良く分かりません。)

Q.
DGR 6.0.4.0.3 に PG I に使用できる容器を PG IIもしくは PG III に使用する時は、係数 1.5 もしくは2.25を掛けて比重の重い内容物にも使用できるとありますが、本当ですか? ご教示ください。 (2016.12.31)

A.
DGR 6.0.4.0.3には、国連規格容器のマークにはすべての試験レベルの情報が記載されている訳ではないと書いてあります。

試験証明書 (Test Certificate) を見なければなりませんが、例えば、X 表示 (PG I対応) の容器は、PG II の物質を収納する時は、係数1.5 を掛け、PG I の物質の比重が1.2であったとすれば、PG IIの物質は、比重1.2 X 係数1.5で、比重1.8までの物質を収納可能であり、PG IIIの物質を収納する時は、係数2.25を掛け、比重1.2 X 係数2.25で、比重2.7までの物質を収納できるとありますが、何れも、試験証明書 (Test Certificate)、試験報告書 (Test Report) もしくは合格した容器の登録簿 (Register of successfully tested packagings) の記載事項に左右されるとあります。

自動的な係数適用ではありませんので、注意が必要です。使用条件の詳細は試験証明書や試験報告書に記載されているので、かならず参照しなければなりません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ