(リチウム電池のスペアの許される個数についての質問です。)

Q.
包装基準 PI 966 Section II に該当する同梱されているリチウム電池について質問ですが、2017年のIATA DGR 第58版には「個々の容器に収納されるセルもしくはバッテリーは、その器具を作動させるに必要な個数を超えてはならない。加えてスペアは2個まで」と書かれています。もし器具の作動に最低4個のバッテリーが必要である場合、スペアとしては2個ではなく、2組 (8個) 認められるのですか? DGRは ”two spares” と書かれていて、”two sets” と書かれてはいません。ご教示ください。 (2016.11.30)

A.
IATAの見解としては、”two spares” (スペア 2個)は ”two spare sets” (2組のスペア) と解釈しています。但し、電子器具でバッテリーが2個以上と言う器具は実際にはないと思います。すべてバッテリーは1個で作動しています。しかし、セル (単電池) が複数個使用されている器具はありますから、セルの場合は作動に必要な最低個数の2組までスペアとしての輸送が許されます。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ