(アメリカから危険物貨物を輸入しています。荷受人にも責任が掛かりますか?)

Q.
アメリカから危険物に該当する貨物を輸入しています。アメリカの罰則は厳しいと聞いていますが、荷受人である弊社にも責任が掛かってくる事がありますか? (2010.2.28)

A.
基本的に危険物貨物の責任は荷送人にあります。責任は担当する業務に分割され、先ず、危険物貨物を収納する容器の製造業者、容器の販売業者が一端の責任を負います。その次は荷送人(輸出業者)、荷送人の代理人、梱包業者、貨物代理店、フォワーダー、航空会社(インターライン輸送の場合は複数の航空会社)がそれぞれの業務に係わる責任を負います。全体的、且つ、包括的な責任はやはりSHIPPERが持たなければなりません。荷受人は事故に関与する事のないかぎり、責任は、原則、問われません。実際にはケース・バイ・ケースなので、細かい事情をお聞かせ頂かないと的確なアドバイスは出来ません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.