(Cryopen ペット用のイボ取り器(医療機器)のN2Oガス・シリンダーの質問です。)

Q.
Cryopen (クリオペン) にと言うN2O のガス・シリンダーを使用した医療器具を旅客の手荷物として輸送できますか? Table 2.3.AにあるMedicinal or Toiletry Articlesの規定に当てはまりますか? ご指導ください。 (2016.5.31)

A.
お尋ねのCryopen (クリオペン) と言うN2Oのガス・シリンダーですが、N2Oは亜酸化窒素 (Nitrous oxide) で、吸入すると陶酔効果があることから笑気ガス (laughing gas) とも呼ばれ、手術の際の全身麻酔に使用され、2016年2月18日に医薬品医療機器法に基づき厚生労働省が指定薬物に認定しています。同月28日から医療などの目的以外に製造や販売、所持、使用することなどが禁止されました。

Nitrous oxideはUN1070 Div. 2.2 (5.1) EQ code E0, LQ Forbidden, PAX PI200 75kg, CAO PI200 150kg です。
N2Oの冷凍液化ガスは UN2201 Nitrous oxide, refrigerated liquid Div. 2.2 (5.1) で、すべてForbiddenになっています。輸送には特別規定SP A2で認可を受ける以外に輸送方法はありません。

アメリカでは、脱法ドラッグの代わりに乱用されていると聞いています。
Nitrous oxideはとても旅客の手荷物として携行を認められるものではありません。
なお、Table 2.3.Aで言うMedicinal or Toiletry Articles の『医薬品』とは、飲み薬、塗り薬の類いで、医療機器は入りません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ