(航空機の部品 Cooling Unitの輸送に関する質問です。)

Q.
危険物コード UN3159 1,1,1,2-Tetrafluoroethane に該当するガスが入っている補助的なクーリング・ユニットが危険物の適用を受けない条件はありますか? Supplemental Cooling Unitに上記のガス2.54 kgと UN2857 Refrigerating machines に該当するガスが 5.67 kg 入っている航空機部品があります。UN2857に該当するガスは特別規定SP A26により12 kg以下であれば本規定の適用を受けないことは理解できるのですが、UN3159 1,1,1,2-Tetrafluoroethaneに該当するガスが2.54 kg入っていることに対する適用除外項目が見当たらないため、当該 Supplemental Cooling Unitの危険物コードをUN3159とするのをためらっています。ご教授ください。 (2016.5.31)

A.
このSupplemental Cooling Unitは UN3159 1,1,1,2-Tetrafluoroethane 区分2.2として輸送すべきと思います。SP A26で免除になるUN 2857のガスは非危険物扱いで無視します。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ