(異なる危険物の同梱についての質問です。)

Q.
異なる危険物を同梱する場合の外装の梱包形態について、同梱する危険物の内、片方が国連容器を使用するように定められており、もう片方は外装容器の規定がない場合、その両者を同梱する場合の外装容器はどうしたら良いでしょうか? 具体的には UN2990 (PI 955)とUN0454 (PI 142) を同梱する場合、PI 955は外装容器の規定はありませんが、PI 142の外装容器は国連容器を使用するように定められています。どちらの包装基準によって外装容器を決定するのですか?  (2016.4.30)

A.
異なる危険物を同梱する場合、危険に反応しないかぎり、双方の包装基準の厳しい方を採用します。お尋ねの件につきましては、UN 2990 Life saving appliances, self inflating Class 9 PI 955と UN0454 Igniters Div. 1.4S PI 142は相互に危険に反応しませんから、先ず、同梱が許されます。UN 2990の内装は PI 955 の詳細に従って完成しなければなりません。それをUN 0454を収納するPG IIの規格に合致する国連容器に同梱して収容します。以上、シッカリやってください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ