(冷蔵庫を旅客の手荷物として輸送可能ですか?)

Q.
冷蔵庫を旅客の手荷物として輸送可能ですか? UN2857 Refrigerating MachinesにSP A26が付いていて、区分2.2のガスが12kg未満、もしくはUN2672 Ammonia solutionが12L未満であれば、本規則の適用は受けないとありますが、この規定は手荷物輸送の場合にも当てはまりますか?  (2016.2.29)

A.
先ず、冷蔵庫は手荷物の範疇には入らない。ICAO Annex 9及びDGR Appendix A によれば、「手荷物とは乗客・乗員の個人的な財物で運航者との同意に基づいて航空機で輸送されるもの」と定義され、IATA勧告 RP 1008, 1724によれば、「旅客の個人的な所有物である品物、動産並びに他の個人的な所有物で、本人の旅行に関連して、身につけたり、使用したり、快適さと便利さのために適宜、必要とされるもの」と定義されている。DGR 2.3に旅客の手荷物の品々が掲載されているが、冷蔵庫は記載されていない。特別規定 SP A26は貨物として輸送される冷蔵庫に適用する規定である。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ