(危険物のリカレント・コースについての質問です。)

Q.
近々、Recurrent Trainingを受ける時期がくる予定です。過去のトレーニング記録は下記の通りになります。
2011年12月16日 Recurrent実施
2013年11月29日 Recurrent実施
このため、今年の11月、もしくは12月にRecurrent Trainingを受けなくてはなりません。今年のトレーニング期日は12月末までに行えば、トレーニングの期限が切れないのでしょうか。それとも前回のトレーニングが11月だったので2015年11月末までにトレーニングを終了させないといけないのでしょうか。  (2015.9.30)

A.
貴方の質問が社内資格でなく、正規の IATA Dangerous Goods Diploma についての質問としてお返事します。先ず、IATA の Diploma を見てください。2011年12月16日に Recurrent を受けた時の Diploma の有効期限が Valid until 31 December 2013 となっているかどうか、確かめてください。次に、2013年11月29日の Recurrent を受けた時の Diploma の有効期限を見てください。Valid until 31 December 2015 と書いてあるかどうか確かめてください。そうなっていれば、31 December 2015 当日、或いは、それ以前に試験を受けられる IATA のリカレント・コースに合格すれば、2017年12月31日まで資格を延ばすことができます。大前提として、「放射性物質を含むカテゴリー6」の Diploma だと思いますが、リカレントも同じ資格のコースを受けなければなりません。例えば、カテゴリー3の資格保持者は、カテゴリー6のリカレントは受けられません。航空会社職員の場合は「放射性物質を含むカテゴリー6」が必須です。カテゴリー3の資格では不充分です。IATA の資格の場合は、有効期間内にリカレントを合格すれば、貴方は一生 31 December が期限になります。リカレント・コースを受ける場合、3ヶ月前倒し出来ますから、10月1日から12月31日の間にリカレントの試験に合格すれば2年先の12月31日まで資格が延長できます。10月1日以前い受けてしまいますと、この特典はありません。会社の社内資格の場合は、会社にお問い合わせください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ