(DGR 1.2.11危険物を含むランプについての質問です。)

Q.
DGR 1.2.11 (b) に適用除外条件として「ランプで区分2.2のガス (3.2.2.2の規定による) のみが含まれているものは、もしランプが破裂した場合、射出される破片が容器の中のみに閉じ込められるように包装されていれば、その限りでない。」とあります。この意味は、ランプの破片だけに留まらず、区分2.2のガスも外装容器から漏れ出てはならないと言うことでしょうか? (2015.7.31)

A.
ランプの破片 (ガラス又は金属破片) が外部に出なければ良しとします。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ