(外装容器に数量表示が必要でしょうか?)

Q.
貨物の内訳が次のようだとします。
1)UN 4G の箱が6個、それぞれ UN 3090 Lithium Metal Batteries PI 968 Section IA が1箱に正味5kgづつ入っています。
2) 同じAWBに Consumer commodity が6個のファイバーボード箱にそれぞれ総重量で30 kg収納されています。
個々の外装容器に内容量を書く必要がありますか?
また、UN 3090が入っている6個のUN 4G箱が他の貨物とオーバーパックされているとしたら、オーバーパック上に数量を表示する必要はありますか? (2015.6.30)

A.
先ず、DGR 7.1.4.1 General (c) の3番目の黒点により、ID 8000 Consumer commodity と放射性物質は正味数量表示規定から免除されています。

もし6個のUN 4GのCAO箱が正味数量5kgのUN 3090 Li Metal batteries PI 968 Section IAを収納していて、その6個だけがAWBを構成しているとしたら、7.1.4.1 (c) 2番目の黒点により、数量表示は不必要です。然しながら、AWBがLi Metal Batteries とID 8000の両方を含んでいれば、2番目の黒点は適用しなくなり、Li-Metal batteriesの数量表示が必要になります。

オーバーパックの場合も、UN 3090のみがオーバーパックされていれば、数量表示は不要ですが、UN 3090とID 8000がオーバーパックされていれば、UN 3090の数量表示は必要になります。

質問されているすべての組み合わせにお答えしていますので、気を付けてお読みください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ