(試作品のリチウム電池の輸送は可能ですか?)

Q.
容量の極めて低いリチウム・イオン単電池の試作品を航空輸送したいのですが、可能ですか? (2015.5.31)

A.
リチウム・イオン単電池は容量が 20Wh 以下であり、且つ、Section II に規定されている正味数量以内であれば、PI 965 Section II の非危険物扱いで輸送は可能ですが、「試作品」と言うのが問題です。国連の規格に適合していれば、2.7Wh以下の単電池・組電池であれば、正味重量 2.5kgまで、2.7Whを超えて 20Wh以下の単電池であれば重量制限は無く、正味数量が 8個までならば輸送可能です。しかし、このような小容量の電池でも国連の Manual of Tests & Criteria subsection 38.3の規格に合っていなければなりません。

「試作品」は国連の規格試験を殆んど受けていないので、「試作品」は特別規定の A 88の条件を満たさなければ輸送は出来ません。「試作品」及び年間生産量が100個に満たない小規模生産品で、国連の試験を受けていなものは、特別規定 A 88 に従い、発地国政府の然るべき官庁の許可証が必要になり、許可証の写しを貨物と共に送付しなければなりません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ