(UN 3373 Biological substance, Category B の容器に 50mL の安定剤を同梱しても良いでしょうか?)

Q.
UN 3373 Biological substance, Category B を収納する容器に50mL の UN 1230 Methanolを安定剤として同梱してもよろしいでしょうか? PI 650の包装基準には、同梱してもよいのは 30mL を超さない Class 3, 8, 9 となっています。シッパーさんは、安定剤としてどうしても50mL 必要なのだと言っています (2014.12.31)

A.
30mLが限度です。適用除外包装物 (DGR 2.6 Excepted Package 俗称-微量危険物)の条件に合う安定のための Class 3, 8, 9 の第一次容器への同梱が許されているので、安定剤として 50mL どうしても必要な場合は、Infectious substance を2梱包に分けて、それぞれに25mL づつ安定剤を入れるように言ってください。さもなければInfectious substance の量を減らして安定剤が30mLで足りる量にすることです。DGR 2.6 の内装容器 (一次容器) に収納できる最大限度量は 30mL なのです。だから、30mL に限定されているのです。50mL ではDGR 2.6 の条件に合致しません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ