(特別規定SP A4とSP A5について教えてください。)

Q.
特別規定 SP A4 では、液体で蒸気の吸入毒性がPG Iのものについて、旅客機および貨物専用機の搭載を禁じています。また、霧状の吸入毒性がPG Iの液体については旅客機への搭載を禁じています。 SP A5については、固体で吸入毒性がPG Iのものについて触れています。蒸気の吸入毒性と断ってあれば、粉塵・霧状の吸入毒性は考慮に入れる必要はないと解釈して良いのですね。その逆も同じですね。確認をお願いします。 (2014.4.30)

A.
そうです。蒸気吸入毒性とあれば、粉塵・霧状の吸入毒性は考慮に入れる必要はありません。粉塵・霧状の吸入毒性と指定してあれば、他の吸入毒性は考慮に入れる必要はありません。SP A5は吸入毒性のみに触れていて、SP A5の場合、蒸気吸入毒性は考慮に入れる必要はありません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ