(国連容器4G/Y 6.2/S/12に 6.4kgのUN 3108を収納して発送したら断られました。何故ですか。)

Q.
危険物はUN 3108で危険物申告書は 300 fibreboard boxes X 6.4 kg と書かれています。使用した国連容器は UN 4G/Y6.2/S/12 です。旅客機で輸送しようとしたら、断られました。何故でしょうか? (2014.4.30)

A.
UN 3108はOrganic peroxide Type E, solid (……..) で DGR 4.2 によれば、旅客機の限度は包装基準PI 570を使って、1包装、最大収容量は10kgで、4Gは認められています。また、適用する特別規定A802で包装等級PG IIの要件を満たした容器を使用するとなっています。従って、4Gは問題なし、Yも問題なしですが、6.2kgが問題です。中身のUN 3108だけでも6.4kgあるのですから、外装容器が6.2kgでしか性能試験をした容器では重量不足です。内装容器の目方、充填剤、吸収材、外装容器の目方を全部考慮に入れると、大事を取って、Y15くらいの容量の容器 (総重量15kgで試験をしたもの) を使用しないとなりません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ