(容器に示す国連番号などの大きさは容器の容量でしょうか、それとも、収容されている危険物の量でしょうか。)

Q.
7.1.4.4.1に容器に表示されなければならない国連番号の文字と数字は最低でも12mm とし、30Lもしくは30kg以下の場合には6mmの文字や数字とする。5Lもしくは5kg以下の場合には、適当な大きさとするとありますが、これは中に収納されている危険物の量でしょうか、それとも、容器の容量でしょうか? (2014.1.31)

A.
危険物の量ではなく、容器の大きさ (キャパシティ) のことです。固体や内装容器を収納する国連梱包には、容器の最大許容重量がマークされていますから、その数値を見れば、容器のキャパシティがわかります。なお、液体を直接入れる容器に付いては、1Lの体積は10立方センチメートルですから、液体の容器の容量は外寸を測れば凡その見当が付きます。しかし、受託の際に、ノギスで測って、11.5mmしかないから受託拒否をするというような極端なルールではなく、目安としてあまり小さい文字は勘弁してほしいと言う趣旨です。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ