(Batteries, wet, without electrolyte and fully dischargedについて質問があります。)

Q.
DGR 4.2の危険物リストにBatteries, wet, without electrolyte and fully discharged は国連番号がなく、PSNは細字のみで示され、短剣のマークが付き、Not Restrictedとなっています。Appendix Aを参照すると、「バッテリーを使用する前に電解液を注入する意図で、通常、原形の乾燥状態のまま工場から出荷されるもの。蓄電池で電解液を排出したものも、この名称の中に含まれる。この場合は、蓄電池を出荷する前に、個々のセルを水で完全に洗浄し、水分を除去しておかなけれぱならない」とあります。従いまして、Appendix Aの条件を満たさなければNot Restrictedにならないと解釈すべきなのでしょうか。また、航空会社に対して、この旨の確認記載をAWBにしておくべきでしょうか (2013.10.31)

A.
そうです。Appendix Aの条件を満たさなければなりません。AWBの商品欄に Batteries, wet, without electrolyte and fully dischargedとNot Restrictedの文言に加えて、品物によってNo electrolyte containedとか、Flushed with water and fully drainedと記載すれば不必要な確認による遅延を避けることが出来ます。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ