(包装基準に4G使用可能なのですが、包装基準の追加要件に容器の材質が発火してはならないとあります。4Gは使用出来ませんよね。)

Q.
UN 3356 Oxygen generator, chemicalの包装基準PI 565に4Gは使用可能となっていますが、追加の包装要件 (c) に、2. 包装材料は発火しないこと、3.包装物の外表面で100℃以上の温度にならないことの条件が付いています。海外から輸入品の包装を見ると、石膏のようなものを染み込ませたベニヤの箱や、難燃性の素材をアルミで包んだような内張りを付けた4Gを使用しています。普通の4Gではいけないのでしょうか?  (2013.8.31)

A.
DGR 5.0.2.6.2の中段にあるように、「個々の包装基準に特定の包装材料が規定されていても、当該包装材料が、その収納物と、すべての点において、反応しないことを確認することは荷送人の責任である」なのです。追加の包装要件は単なる4Gでは満たされません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ