(蒸気吸入毒性のTable 3.6.Bを説明してください。)

Q.
毒性物質があり、蒸気吸入毒性がLC50 300mL/m3で、蒸気体密度Vは200となっています。Table 3.6.BでPG Iと解釈してよろしいでしょうか? (2013.6.30)

A.
DGR Table 3.6.BによるとPG Iに割り当てるためには次が要点となります。

致死量LC50は1,000mL/m3以下でなくてはなりません。物件は300mL/m3ですから、この基準に該当します。

蒸気体密度Vは10 X LC50を超えていなければなりません。物件はLC50が300mLですので、10 X 300 = 3,000となりPG Iの条件に叶います。。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ