(微量危険物の隔離の有無について教えてください。)

Q.
微量危険物 Dangerous Goods in Excepted QuantitiesのDGR 2.6.1に微量と言えども遵守しなければならない項目が8項目書かれています。その四つ目の黒丸に5.0.2.11 (a) と記載があります。Table 9.3.Aによる隔離が書かれている5.0.2.11 (b) は除かれています。Table 9.3.Aは適用しないと考えて良いでしょうか? (2013.6.30)

A.
DGR 52版に関連した2010年11月30日掲載の「よくある質問」では簡潔すぎる表現を使ってしまい、誤解を招いたかも知れませんが、化学的知識を十分に持っている荷送人はDGR 5.0.2.11 (a) のガイダンスで充分に隔離を必要とする物質の判別が出来ます。しかし、化学の知識の乏しいフォワーダーや航空会社の場合は、素人でも簡単に分かる交点に X が表示されているTable 9.3.Aを頼らざるを得ません。

そのような訳で、微量危険物と言えども隔離の要・不要を精査しなければならない必須事項を処理するには、化学的知識の少ない者はTable 9.3.Aを使用して隔離の要・不要をチェツクする必要があるのです。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ