(UN 1072の圧縮酸素の申告書に記載する正味数量はガスの重量ですか、それともボンベの重量ですか?)

Q.
UN 1072のOxygen, compressedの申告書に記載する正味数量は酸素ガスのみの量ですか、それともボンベの重量も含めるのですか? UN 1044 Fire extinguisherの場合は消火器そのものの重量でした。 (2013.4.30)

A.
IATA危険物規則書のAppendix A - Glossary (語彙)のNET QUANTITY (正味量) の定義に記述されているとおり、正味量と言うのはDGR 4.2の危険物リストに記載されている品物の正味量 (重量もしくは容量) です。UN 1044 Fire Extinguisherは文字通り、消火器そのものの重量になります。消火器を梱包している包装材料は含みませんが、消火剤だけの重量ではなく、Fire Extinguisher全部 (消火器全部) の重量です。

UN 1072 Oxygen, compressedの場合は、NET QUANTITY (正味量) はガスの重量です。正式輸送品目名がOxygen bottleとなっていれば、酸素ボトルも入りますが、圧縮酸素とだけ書かれているのですから、物質、すなわち、ガスだけの重量になります。ボトルも、包装材料も一切除いた酸素だけの重量で申告してください。

NET QUANTITY (正味量) の定義は2013年の第54版から、青いページに記載してある物質名もしくは物件名の正味量と言うことになりました。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ