(DGR 5.2.0.8の(a)、(b) と (c) でシリンダーの弁の保護に言及し、(e) で、シリンダーを外装容器に入れるとあります。これはオーバーパックになりますか?)

Q.
DGR 5.2.0.8の (a)、(b) と (c) でシリンダーの弁の保護に言及し、(e) でシリンダーそのものを包装等級Iの性能基準の落下試験に合格した外装容器に入れて保護する事を要求しています。これはオーバーパック扱いと言う理解で間違いないでしょうか?  (2013.3.31)

A.
DGR 5.2.0.8の(a)、(b)と(c)はシリンダーの弁の保護に触れ、(e)はシリンダーはPG I の落下試験に合格した容器に収納して輸送すると規定されています。シリンダーが国連規格のもの、もしくは、当該国の法律による規格に合致した容器 (日本の場合は高圧ガス法)であれば、オーバーパック扱いとなります。
PI 200 1L以下のシリンダーの容器もオーバーパックです。
申告書の記載は、

1 CYLINDER X 5.3kg
OVERPACK USED

の書き方が正しい。
上述はあくまでも、シリンダーが国連規格 (DGR Table 6.4.A) もしくは、当該国の規格 (DGR 6.4.3)に合致していて、そのように表示されているものに限ります。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ