(危険物が複数、同梱されている貨物をオーバーパックに収納してもよいですか? オーバーパックのマーキングについても教えてください。)

Q.
ここに複数の危険物を同梱した貨物が3個あります。これらをオーバーパックしてもよいでしょうか? 複数のオーバーパックを作ってもよいでしょうか? オーバーパックのマーキングはどのように書くべきでしょうか? (2013.1.31)

A.
ハイ、危険物同士が危険に反応せず、Table 9.3.Aで隔離を必要としないものであれば、一つもしくは複数の同梱された貨物を一つもしくは複数のオーバーパックに入れても差し支えありません。もし、オーバーパックが密閉型で中の貨物にアクセスも出来ず、目視も出来ない場合は、OVERPACKの文言に加えて、UN番号、正式輸送品目名と国連番号ごとに正味数量をオーバーパックの外表面にマーキングをする必要があります。また、ラベルも全てオーバーパックの外表面に再現しなければなりません。この目的は、航空会社職員が申告書に遡ることもなく、オーバーパックを見れば、中に何が入っているか分かるようにする為です。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ