(UN 3091 Lithium metal batteries contained in equipmentの場合、DGDに記載する危険物の量はバツテリーの正味重量でしょうか?)

Q.
荷主がUN 3091 Lithium metal batteries contained in equipmentをPI 970を使用して出荷します。DGDに記載する危険物の量はバッテリーの正味重量ですか? AWBに添付する資料に変更はありますか? リチウム含有量が確認できない場合、Section Iとして貨物専用機の輸送を考えていますが、よろしいでしょうか? (2013.1.31)

A.
UN 3091 Lithium metal batteries contained in equipment PI 970の申告書に記載する量はSection I の場合も、Section II の場合も、どちらも機器に組み込まれているリチウム金属電池の正味重量です。機器の重量や包装材料の重量は入りません。AWB に添付する資料は、2013年の第54版から PI 965 と PI 968 に新たに Section IB が加わりましたので、新しい書式になりました。リチウム電池の含有量が分からないと言う事はないはずです。確実に調べてください。

もし、規定オーバーだったら、どのように言い訳をするのですが? 特別規定A99を参照してください。そのようないい加減な気持ちで危険物輸送をしてはなりません。厳に慎んでください。荷主が知らないはずはありません。分からなければ、輸送を断るべきです。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ