(CAPACITORの事で質問があります。)

Q.
電気二重層キャパシターのエネルギー容量が0.3Wh以下の場合、危険物規則の適用は受けないので、CAPACITOR, NOT RESTRICTEDとAWBに記入する。混載の場合は何処に記入するのですか? (2012.12.31)

A.
0.3Wh以下のキャパシターは規制されていませんから、CAPACITOR, NOT RESTRICTEDと本当のシッパーがHAWBに記載して、それを受けて混載業者がHOUSE MANIFESTの備考欄にNOT RESTRICTEDと記入すれば良いでしょう。

もし、CAPACITORがClass 9の危険物扱いになる場合は、ONE HOUSE ONE MASTERにして、MAWB上にHAWBに記載されている文言をリピートして記載しなくてはなりません。もし、CAPACITORが特別規定SP A186の規定で申告書なしに送られる場合は、ONE HOUSE ONE MASTERの形式とし、HAWBに本当のシッパーがCapacitor in compliance with SP A186と書き込んだものを混載業者がMAWBに書き写すという形式で航空会社に情報を流す必要があります。

なお、キャパシターの一般名はコンデンサー(CONDENSOR)と言い何百種類もあります。これらは危険物ではありません。大量に輸出されていますから、同様に、Condensor, Not RestrictedとAWBに記載されていれば間違いは起きません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ