(LTD QTYのAll packed in one について教えてください。)

Q.
UN 2735 Amines, liquid, corrosive, n.o.s. (xxxxx) Class 8 PG II 0.2L PI Y840と UN 3082 Environmentally hazardous substance, liquid, n.o.s. (xxxxx) Class 9 PG III 10kg G PI Y964を同梱 (All packed in one) します。UN 3082の制限量はNo Limitです。Q計算はどのようにしますか? 申告書はどのように書きますか?  (2012.7.31)

A.
LTD QTYを同梱 (All packed in one) した場合は、DGR 2.7.5.6を参照して下さい。適用になるのは、2.7.5.6 (e) と (f) です。

UN 2735 Amines, liquid, corrosive, n.o.s. (xxxxx) PG IIはDGR 2.7.5.6 (e) に従って、Q値はQ = 0.2L/0.5LでQ値は0.4になります。

UN 3082 Environmentally hazardous substance, liquid, n.o.s. (xxxxx) PG IIIはDGR 2.7.5.6 (f) の規定に従い、Class 9についてはQ計算の対象にはせずに、外装容器全体のgross weightが30kg Gを越さなければ問題ありません。

申告書の書き方は
UN 2735 Amines, liquid, corrosive, n.o.s. (xxxxx)            8 PG II 0.2L PI Y840
UN 3082 Environmentally hazardous substance, liquid, n.o.s. (xxxxx)  9 PG III 10kgG PI Y964
All packed in one fibreboard box
Q = 0.4

となります。

DGR 8.1.6.9.2 (g) のNoteはPAXやCAOの数量に対して書かれています。LTD QTYのAll packed in oneは2.7.5.6をご覧ください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ