(APIOの危険物申告書の作り方を教えてください。)

Q.
一つの外装容器に次の物質を同梱したいと思います。

UN 2031 Nitric Acid Class 8 PG II 5L
UN 1823 Sodium hydroxide, solid Class 8 PG II 1kg
UN 2811 Toxid solid, organic, n.o.s. (xxxxx) Div 6.1 PG III 5kg

これらの物質を一つの外装容器に同梱します。危険物申告書はどのよう書くのですか?
 (2012.7.31)

A.
UN 2031 PG II 5Lは数量が5Lなので、CAOの容器PI 855 max 30Lにならざるを得ませんから、他の物質もCAOに揃えなければなりません。

UN 1823 PG II 1kgはCAOのPI 863 max 50kgを使用し、
UN 2811 PG III 5kgはCAOのPI 677 max 200kgを使用して全部CAOに揃えます。

これは同梱する場合、LTD QTY、PAXやCAOをミックスすることは出来ないからです。
それぞれの物質が相互に危険に反応することもなく、Table 9.3.Aにより隔離の必要は無いので、Q計算をします。

Qの値は5/30 + 1/50 + 5/200 = 0.167 + 0.02 + 0.212 = 0.212 = 0.3となります。

申告書はCAOであることを表示します。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ